SmartyCAMSmartyCAM HD シリーズのファームウェアが更新されました。

主な変更点は、下記の通りです。

  • 自動録画中にキー操作を無効にするオプションが追加されました。
    • GPシリーズをフォーミュラカーに取り付けた際など、場所によっては走行中に誤ってドライバーの体がボタンを押して、録画が停止しまう場合がありました。このオプションを設定することで、このような誤作動を防止できます。
    • メニュー  - 設定 - KEY SETTIGS ボタン設定(1.03.68で翻訳済み)で設定できます。
  • ムービーファイルにメタデータを埋め込まないオプションが追加されました。
    • 最新のプレーヤーで、メタデータが埋め込まれたムービーを再生できないものがある(例えばSierra以降のmacOSのQuickTime Playerなどです)ことに対応した措置です。
    • このメタデータは、Race Studio 3でムービーを再生する際、ラップ毎にスキップさせる機能に利用されています。このため、メタデータを埋め込まないようにすると、この機能が使えなくなりますので、ご注意ください。
    • メニュー - 設定 - ビデオ設定 - Metadata メタデータ(1.03.68で翻訳済み)で設定できます。