LCU-ONE

LCU-ONE
Bosch LSU 4.9全領域センサを利用した、高精度空燃比計測モジュール。対応ロガーであれば、CANによるデジタル接続が可能。
製品の用途: カート・ミニモト用, 四輪用, バイク用, モトクロス用, その他・汎用
製品カテゴリ: 拡張モジュール

特徴

LCU-ONELCU-ONEはECUセッティングの必須アイテムである空燃比センサコントローラです。データロガーメーカならではのレース専用設計で、対応データロガーとCAN接続すれば、シームレスな設定が可能です。

高精度・高機能

これまでの低価格空燃比計は、いわゆる全領域ではないO2センサを利用していたり、全領域センサを利用していてもコントローラの性能が悪いために高精度計測が行えないものが殆どでした。LCU-ONEは、BOSCHのLSU 4.9全領域空燃比センサを使用し、センサヒータの精巧なコントロール機能を備えるなどコントローラもしっかりと設計されており、高精度な計測が可能です。

もちろん、出力信号を細かく変更したり、ヒーターの温度やセンサの診断信号を送信できるなど、機能も充実しています。

CANバス接続可能

LCU-ONEの最大の特徴は、CANバスによる接続が可能な事です。CANバスを通したデジタル通信により、信号劣化が無い他、信号線を追加しなくても空燃比センサのヒーター温度や診断信号を送信する事が可能となりました。

さらに、CANバスを通じてLCU-ONEの設定を行える等、データロガーとシームレスな連携が可能となりました。

CANバス採用のメリットはそれだけにとどまらず、ディジーチェーンもしくはデータハブを介して接続すると、複数のLCU-ONEを簡単に使用する事も可能です。もちろん、貴重なアナログチャンネルをつぶす心配はありません。

接続例

コンパクトサイズ

環境問題への対応によるエンジンの4サイクル化に伴い、バイクレースでもECUセッティングが必要になってきました。空燃比の情報はECUセッティングに不可欠ですが、サイズの問題でコントローラをバイクに搭載するのが大変でした。LCU-ONEはタバコケースほどのコンパクトサイズを実現しているため、バイクへの搭載も簡単です。

様々な燃料にも対応

LCU-ONEが採用しているBOSCHのLSU 4.9空燃比センサはガソリンエンジンだけではなく、ディーゼルエンジンやアルコール燃料エンジンでも利用可能です。もちろん、理論空燃比の設定値を変更する事で、λ値だけではなくAF値も正しく表示可能です。

3種類のキットを用意

CAN + アナログモデル

LCU-ONEは、接続する計測器に合わせて、出力タイプが異なる3種類のモデルを用意しています。用途に応じて選択できます。モデルごとの概要と記録できるデータは下記の通りです。

  • LCU-ONE アナログ
    • アナログ0-5V出力のみのモデル。
    • ラムダ値をアナログ電圧で出力。
  • LCU-ONE CAN
    • CAN出力のみのモデル。
    • ラムダ値とA/F値
    • ラムダセンサの温度と診断情報。
  • LCU-ONE CAN + アナログ(右写真)
    • アナログ0-5VおよびCANを同時出力可能なモデル。CANでAimのロガーに入力しつつ、アナログでECUに入力する事が可能。
    • それぞれの出力で、上記単独モデルの信号。

仕様・付属品・型番

仕様

  • 外径寸法:80 x 37 x 15mm
  • IP67準拠の防水性

付属品

  • LCU-ONE アナログ
    • LCU-ONE本体 / LSU4.9空燃比センサ / RS232C接続ケーブル / ロガー接続ケーブル(下記一覧表をご覧ください)
  • LCU-ONE CAN
    • LCU-ONE本体 / LSU4.9空燃比センサ
  • LCU-ONE CAN + アナログ
    • LCU-ONE本体 / LSU4.9空燃比センサ / RS232C接続ケーブル / ロガー接続ケーブル(下記一覧表をご覧ください)

型番一覧表

タイプ   品番
コネクタ 712 719
CAN  LCUO-CANM  
アナログ  LCUO-ANAM LCUO-ANAP
CAN+アナログ  LCUO-APCM LCUO-APCP

FAQ

電源について教えてください。

空燃比センサのヒーターを駆動するため、十分な容量の電源を確保してください。ヒーターを駆動しないでエンジンをかけると、センサをいためる場合があります。

電源ケーブルは付属しないのですか?

LCU-ONE本体からケーブルが出ています。

MYCHRON4/MyChron5でも利用できるのですか?

CANタイプは接続できます。特に設定は不要で、接続すれば自動的に認識されます。