MYCHRON5 / MYCHRON5 2T

MYCHRON5
カート用のデータロガーが新たな領域に:MyChron5はレーシングカートの様々なデータの記録はもちろんのこと、新世代GPSの搭載などの多くの新機能を搭載し、より的確で信頼性のある情報を提供します。
ラップ及び区間タイム、速度、エンジン回転数、温度、コース上の位置情報、加速度、etc.が記録可能です。
MyChron5はビギナー向けの基本的なデータだけでなく、プロ向けの高度なデータも得ることができるように設計されています。
MYCHRON4は、過去10年間のカート用データロガーのベンチマーク製品でした。そして今、そのイミテーション製品はすべて過去のものとなったのです。

専用ステアリングホイール新発売

MyChron5専用ステアリング

MyChron5がジャストフィットする専用ステアリングホイールが新登場。 詳細については英語版データシートをご覧ください。


製品の用途: カート・ミニモト用
製品カテゴリ: ロガー/マスター

特徴

GPSデータ

精度と信頼性の高いGPS計測

MyChron5のGPSは、ラップタイムの他にドライビングスキル向上に役立つ様々なデータを記録するように設計されました。その精度と信頼性の高さは、これまでに例のないレベルです。

詳細

視認性

どんな条件でも高い視認性

バックライト付きのワイドディスプレイは、周囲の光量に合わせて最適な輝度とコントラストを保ち、データの視認性を高めています。

詳細

カスタマイズ表示

データ表示のカスタマイズ

ラップタイムや表示したいデータは、クリアで読みやすい方法で表示させることができます。

詳細

LED

マルチファンクションLED:必要なデータを必要な時に

MyChron5には、点灯させる条件や方法を個別に設定が可能なRBG LEDが装備されています。必要な時に、必要な情報を知らせることができます。

詳細

WiFi

サーキットでの余計な手間を省くWiFi接続

WiFi接続により、MyChron5の設定やデータのダウンロードは非常に楽です。

詳細

バッテリー

リチウム充電池で、モバイル機器のようにMyChron5を一日中使用できます

サーキットに行くたびに電池を買う必要は無くなりました。MyChron5のリチウム充電池は、最大10時間の動作が可能です。

詳細

完全互換

MyChron4の拡張モジュールが使用可能

MyChron4で利用していた拡張モジュール類は、そのまま利用できます。

詳細

Race Studio 3

Race Studio 3 : 簡単でパワフルなPCソフトウェア

データのダウンロードや解析は、Race Studio 3ソフトウェアで行います。データを解析すれば、カートのセットアップやドライビングを向上させるヒントが見つかるはずです。

詳細

強靭なケース

強固な筐体とディスプレイ

MyChron5のケース、ボタン、そしてディスプレイは、様々な厳しい条件にも最大限に耐えうるように設計されています。

詳細

MYCHRON4との仕様比較

MYCHRON4 MyChron5
GPS オプション 内蔵
加速度・ヨーレートセンサ -- 内蔵
Wi-Fi接続 -- 内蔵
ディスプレイ解像度 160 x 96ピクセル 268 x 128ピクセル
バックライト 1色 7色から設定で選択可能
環境光センサ -- 内蔵
マルチファンクションLED シフトライト x 1 RGB LEDx 5*
*シフトライトもしくはラップタイム状況で使用可能
警告LED 2 2 細かく設定可能
RPMサンプリングレート 10Hz 50Hz / 20Hz
ケース ABSプラスチック ガラス繊維強化ナイロン
ボタンスイッチ ゴム 金属
バッテリー 9Vアルカリ乾電池 リチウム充電池
メモリー 16Mバイト 4Gバイト
外形寸法 125.7 x 87.7 x 46mm 137 x 88.4 x 47mm
重量(バッテリー含む) 320g 390g
防水性能 IP65相当 IP67相当

MYCHRON4

MyChron5

付属品・型番一覧表

付属品

MyChron5本体 / バッテリー充電器 / バッテリー充電器用ケーブル(USBケーブル)

温度センサ / 温度センサ用ケーブル

ラップセンサはオプションです。

型番一覧表

品番
付属温度センサ シリンダヘッド 排気温度 公認 排気温度 M5 液温M5x0.8 液温M10x1.0
MyChron5 M5B0-0C00 M5B0-0T00 M5B0-0E00
M5B0-0500
M5B0-0X00
MyChron5 2t -
M52T-0T00 M52T-0E00
M52T-0500
M52T-0X00

外形寸法図

FAQ

ミニバイクなどに対応した液温センサがあるのですか?

そのまま取付けられるサイズのセンサはありません。加工が必要になります。

拡張モジュールを接続する際に、MYCHRON拡張は必要ですか?

いいえ。対応している拡張モジュールは、直接MYCHRON5に接続できます。ただし、モジュールによっては追加ポートが無い場合があるので、複数の機器を接続する際には、データハブなどが必要になります。

日本国内でもWiFiは使えるのですか?

当社で販売する製品は総務省の技術基準適合証明を取得したWiFiモジュールを利用しているため、日本国内でも使用できます。当社を通じて販売されていない並行輸入製品は、日本国内でWiFi機能を使用すると電波法違反となる場合がありますので、ご注意ください。

GPSアンテナはどこに装備されているのですか?

本体内上部にあります。GPS電波を遮る素材(金属など)で覆わないような場所に設置してください(ガラスは透過します)。外部アンテナには対応していません。

カートコースでもGPSでラップを計測できるのですか?

可能です。精度はGPSの衛星捕捉状況などにより変わってきますが、おおむね0.1秒以内の誤差で計測可能です。

雨があたっても大丈夫ですか? 防水ですか?

高圧洗浄器などの噴流でなければ、雨が当たっても問題ありません。ただし、GPSの精度に影響を与える可能性があるので、できるだけ雨が直接当たらないようにしてください。

ラップセンサを使用してラップタイムを計測できますか?

オプションのラップセンサを接続すれば、可能です。ラップセンサ自体は、これまでのものと互換性があります。

MyChron5のGPSは、

過去最強の

GPSです。

これまで、我々はラップタイムを計測するために

埋設磁石や赤外線発信器、そして昔ながらの

ストップウォッチを使ってきました。

MyChron5はこのルールを完全に変えてしまいます。

GPSによってラップタイムや区間タイムを計測し、

さらに、速度、コース上の位置情報、加速度

といった追加情報も記録します。

その精度や信頼性の高さは、伝統的なツールや

既存のGPSシステムとは比較になりません。

MyChron5のGPS

MyChron5のGPS

自己管理

全て自己管理

ラップタイム以外にも

ラップタイム以外にも

素晴らしい視認性

情報の視認性を向上させるためには、十分なスペースが必要です。MyChron5が268x128ピクセルのワイドグラフィカルディスプレイを採用している理由がまさにこれです。スクリーンのバックライトは7色から選択できます。内蔵された環境光センサにより、どのような状況でも輝度とコントラストを最適に保ちます。

バックライトカラー

バックライトカラー全色


情報表示レイアウトを最適化

ラップタイムと区間タイム、ベストタイム、エンジン回転数、ギアナンバー、サーキットマップ、その他様々な設定済みのページを表示させられます。また、情報をさらに読みやすくするために、必要に応じて新しいページレイアウトを作ることも可能です。

走行終了後には、ベスト3ラップのサマリー(ラップタイム・最高/最低回転数・最高速度・最高温度)をすぐに確認できます。その他、ベストラップ、区間タイムまとめ、理論的ペストラップなど、様々な切り口でデータを見直すことも可能です。

今現在、過去最速のタイムを刻んでいますか? あるいは、シフト操作が必要ですか?

マルチファンクションLEDが知らせてくれます。

MyChron5には、個別に設定が可能なRBG LEDが5個搭載されており、点灯させる条件や色を選択できます。点灯させる条件は、ギアシフトのタイミングを知らせる通常のエンジン回転数の他に、予測タイムや区間タイムも選べます。

回転警告ランプ

水温や他のパラメータを監視する警告ランプ

上部左右にある警告ランプも、点灯させる条件を個別に設定可能です。水温はもちろん、他のパラメータで点灯させることもできます。

WiFi接続によるワイヤレスデータダウンロード

MyChron5は、簡単で安全なWiFi接続で、データをダウンロードすることができます。

データキーや、PCに直接つなぐ必要はもはやありません。WiFiの設定はPCから簡単に行えます。

チーム内に複数のMyChron5とPCがあっても、同時に接続することが可能です。

この場合にはMyChron5とPCをブリッジするために、無線LANアクセスポイントが必要です。

リチウム充電池で時間とコスト削減

高価で寿命の短い伝統的な9V電池は不要になりました。

MyChron5のリチウム充電池は最大10時間動作可能です。

一度充電すれば、丸一日使用することができます。

もちろん、MyChron5は外部12V電源も利用できます。

MyChron4の拡張モジュールやセンサを接続できます

LCU-ONE CAN

LCU-ONE CAN 空燃比計測モジュールを利用して、キャブレターセッティングを完璧に。

LCU-ONE

SmartyCAM HD Rev.2

オンボードカメラSmartyCAMを利用して、リアルタイムでデータをオーバーレイしたビデオ映像を。

SmartyCAM HD

MyChron拡張

スロットルやブレーキ、そしてパワーバルブの挙動などを知りたいときに。

MYCHRON拡張

タイヤ温度計測モジュール

タイヤ温度センサをMyChron5に接続できるようにするモジュール。

タイヤ温度モジュール

データハブ

複数の拡張モジュールを接続するときに必要です。

データハブ

各種センサ

温度・圧力・スロットル/ブレーキポジション・ステアリングなどのセンサ。

センサ

RS3

Race Studio 3 : 速く走るために必要な方法を見つけるための最適なツール

走行が終了したら、そのデータはPCのRace Studio 3を利用してダウンロードできます。

そして、グラフやヒストグラムなど、様々な表示方法で深く解析することで、

セッティングやドライビングに役立つヒントが得られるはずです。

Race Studio 3 解析

頑丈な筐体

グラスファイバー強化のナイロンケースと、金属製ボタンスイッチ、傷がつきにくく反射の少ないポリカーボネート製ディスプレイなどにより、MyChron5は振動や悪天候にも強くなっています。

2箇所の温度計測でエンジンを制御

MyChron5 2Tは、高い技術を持つレーサーからの要望に応えるため、2箇所の温度計測を可能にしたモデルです。エンジンの2箇所の温度を計測することで、エンジンの性能をより引き出すためのデータを得ることができます。

もっともポピュラーな使用方法は、水冷エンジンの水温と排気温度を計測することです。