カスタムセンサ設定

デフォルトでRace Studio 3に登録されていないセンサの特性値を作成・変更します。

カスタムセンサ設定

  1. 製作済みのカスタムセンサを絞り込む各種設定です。
  2. 絞り込まれたセンサの一覧が表示されます。
  3. 操作ボタンです。


カスタムセンサの新規作成

カスタムセンサを新規作成するには、[NEW]ボタンをクリックします。

ダイアログが表示されるので、名称を入力します。

カスタムセンサ新規作成

カスタムセンサ特性値を入力・変更

センサの特性値を入力します。下記は長野計器製の油圧センサの例です。ブレーキ圧センサの場合は、最大値が10000kPa(=100bar)となります。

カスタムセンサ特性値入力

  1. Measure Typeで測定するセンサの形式を選択します。サーミスタなどでプルアップ抵抗を利用する場合には、Input TypeをOhmに変更すれば電圧ではなく抵抗値で入力することもできます。
  2. 具体的なセンサの特性値を入力します。Measure Typeに合わせて単位が表示されます。複数の選択肢がある場合には、変更することができます。特性値は、+ボタンでポイントを増やすことができます。
  3. 入力した数値から特性グラフが計算されます。
  4. すべて入力したら、[Save]ボタンで保存します。