MyChron5 はGPSを使って全て自動計測

MyChron5は、日本国内主要サーキットのGPS計測ポイントデータが入った状態で出荷されます。

電源が入ると、MyChron5は GPSを使って現在地を把握し、サーキットにいればそのラップ計測ポイントデータを読み込みます。数秒後には、ラップタイム計測と走行データを記録する準備が整います。非常に簡単です。

サーキットに行くたびに、埋設磁石の数を合わせるなどの設定をやり直す必要は最早ありません。MyChron5がGPSを使い、全て自分で判断します。

GPS計測ポイントがないサーキットや、海外のサーキットで使用する場合でも、「学習モード」により数周走行すればMyChron5が自分で計測ポイントを決め、ラップタイム計測が可能となります。また、Race Studio 3ソフトウェアで計測ポイントデータを送信することもできます。


サーキット・GPS画面