製品用途:四輪 バイク

  • 製品内容:モノクロダッシュロガー
製品画像

MXm

コンパクトサイズ
ダッシュロガー

194,700円[税込] (177,000円[税抜])

MXmは、コンパクトサイズのモータースポーツ用ダッシュロガーです。 もちろん、データロガー機能も装備し、モータースポーツ用ならではの耐環境性能も持っています。 その頑丈さとコンパクトサイズから、MXmはバイクや四輪車などに容易にフィットし、様々な用途でご利用いただけます。その豊富な機能とシンプルさから、MXmはアマチュアばかりかプロレーサーにとっても完璧なデバイスです。

様々なデータ入力方法

MXmは、ECUからのシリアル信号、アナログ・デジタル入力チャンネル、内臓モーションセンサ、さらにGPS(本体に内蔵)など、様々なデータを計測することができます。 また、これらの計測データを元に、リアルタイムに計算させた値を表示させる事も可能です。


フレキシブルな警告LED

MXmには5つのエンジン回転警告用LEDアレイが装備されています。
マルチカラーRGB LEDを設定に合わせて自由に点灯させられます。
また、ギア毎に点灯方法を変更することもできます。

MXmには2つの警告用RGB LEDも装備されています。
その点灯条件や点灯色、消灯の条件、点灯か点滅かなど、
自在な設定が可能です。

フレキシブルな警告LED

MXmには5つのエンジン回転警告用LEDアレイが装備されています。
マルチカラーRGB LEDを設定に合わせて自由に点灯させられます。
また、ギア毎に点灯方法を変更することもできます。

MXmには2つの警告用RGB LEDも装備されています。
その点灯条件や点灯色、消灯の条件、点灯か点滅かなど、
自在な設定が可能です。


2つのデジタルパワー出力

MXmには、最大15Aに対応した2つのデジタル出力チャンネルが装備されています。
このデジタル出力チャンネルを利用して、追加の警告ランプ、
冷却ファンや循環ポンプなどを制御できます。
もちろん、「どの計測チャンネルがどのような値になった時に」など、
作動する条件は細かく設定できます。

2つのデジタルパワー出力

MXmには、最大15Aに対応した2つのデジタル出力チャンネルが装備されています。
このデジタル出力チャンネルを利用して、追加の警告ランプ、
冷却ファンや循環ポンプなどを制御できます。
もちろん、「どの計測チャンネルがどのような値になった時に」など、
作動する条件は細かく設定できます。


シャープな液晶表示

MXmは、はっきりとした表示を可能にする、ハイコントラスト液晶ディスプレイを使用しています。
268x128ピクセルの解像度をもつワイド液晶ディスプレイには、様々な情報や警告をフレキシブルに表示させられます。
環境光センサにより、バックライトの輝度は最適なレベルに自動調整されます。

シャープな液晶表示

MXmは、はっきりとした表示を可能にする、ハイコントラスト液晶ディスプレイを使用しています。
268x128ピクセルの解像度をもつワイド液晶ディスプレイには、様々な情報や警告をフレキシブルに表示させられます。
環境光センサにより、バックライトの輝度は最適なレベルに自動調整されます。


ディスプレイでデータ確認

走行セッション終了後に、本体ディスプレイだけで
最大RPMや最高速度などのデータを含めた、
ベストラップのサマリーを表示・確認ができます。

データ表示レイアウトは選択可能です

走行中のデータ表示のレイアウトは、いくつかのテンプレートから
選択して、必要な数値を表示させることができます。
バーグラフの最大値や、測定単位も変更できます。

ディスプレイでデータ確認

走行セッション終了後に、本体ディスプレイだけで
最大RPMや最高速度などのデータを含めた、
ベストラップのサマリーを表示・確認ができます。

データ表示レイアウトは選択可能です

走行中のデータ表示のレイアウトは、いくつかのテンプレートから
選択して、必要な数値を表示させることができます。
バーグラフの最大値や、測定単位も変更できます。


必要に応じて機能を拡張

専用のCANバスを利用して、さまざまな拡張モジュールを接続することができます。
下記は、接続の一例です。

必要に応じて機能を拡張

専用のCANバスを利用して、さまざまな拡張モジュールを接続することができます。
下記は、接続の一例です。


Race Studio 3、オールマイティーソフトウェア

Race Studio 3は、Aim製品の中心であり、様々な設定やデータ解析を行います。

Race Studio 3はフリーソフトで、ダウンロードページから最新バージョンを入手できます。

Configuration(設定)

Race Studio 3を利用して、全ての内臓チャンネル・ECUドライバ・計算チャンネル・ディスプレイ表示方法・デジタル出力チャンネル・各種警告・エンジン回転警告ランプ・拡張モジュール類の設定ができます。
これらの設定を書き出して別のPCで利用するなどの管理も行えます。 この他にも、走行するサーキットのGPSラップ計測ポイントの管理を行ったり、SmartyCAM HDシリーズで撮影した2つのビデオファイルを同時に再生して比較することもできます。

設定画面例
解析画面

Analysis(解析)

記録した全てのデータを、プロットグラフ・ヒストグラム・一覧表など、様々な方法で表示・解析することができます。この解析により、ドライビングスキルの向上や、車両のセットアップなどをミスなく行えます。

Wi-Fi 接続

各種設定やセンサのキャリブレート、そして計測データのダウンロード
などを容易で便利にするため、安全な802.11 WiFi接続が可能です。
もはや、PCを車両の近くまで持ち運ぶ必要はありません。
距離の離れたピットボックス内や、トランスポーターからでも
通信可能なのです。

Wi-Fi 接続

各種設定やセンサのキャリブレート、そして計測データのダウンロード
などを容易で便利にするため、安全な802.11 WiFi接続が可能です。
もはや、PCを車両の近くまで持ち運ぶ必要はありません。
距離の離れたピットボックス内や、トランスポーターからでも
通信可能なのです。


技術仕様一覧

ディスプレイ 268 x 128ピクセル
バックライト RGBカラー(7色から選択可能)
環境光センサ あり
RPM警告LED RGB x 5 (点灯条件設定可能)
警告LED RGB x 2 (各種設定変更可能)
CANバス 2 (ECT / EXP)
ECTポート あり(CAN / RS232C / K-Line)
アナログ入力チャンネル 4チャンネル (最大サンプリングレート1000Hz)
デジタル入力チャンネル 速度 x 2 / エンジン回転数パルス
デジタル出力チャンネル 2チャンネル (最大15アンペア)
WiFi接続 あり
内蔵モーションセンサ 3軸G(最大5G) + 3軸ジャイロ
内蔵メモリサイズ 4Gバイト
筐体 グラスファイバー強化ナイロン
操作ボタン 金属製
コネクタ 37ピンオートスポーツコネクタ + 4ピンパワーコネクタ
外形寸法 137 x 88.4 x 31.9mm
重量 330g
耐環境性能 IP65準拠

各種図面

製品図面

付属品

MXm 本体 / 37ピン標準ハーネス / デジタル出力用コネクタキット